レンタルオフィスの利用方法と賃料の目安

レンタルオフィスを賢く利用する情報です

>

働き方改革に合わせた働き方を助けてくれるサービスを利用しよう

起業に必要なコストをできるだけ少なく

昔に比べて、会社を立ち上げることは容易にできるようになりました。
いつかは自分の会社を興したいと考える方も、副業としてやってみたい方も、実現しやすくなっています。
ですが、起業する際の最大のハードルが「資金」についてです。
起業するために必要なものとして、開業資金・運営資金・生活資金があげられます。
そのうちの開業資金について、コストを大きくカットし、負担を減らすことができるのがレンタルオフィスです。
事務所の家賃、オフィス家具、光熱費や人件費等々。
起業する業種にもよりますが、かかる経費が必要最低限で経営することが可能になります。
起業時にレンタルオフィスを利用し、経営が安定したら賃貸オフィスに移行するという形を取ることが多いようです。

機動的なビジネス戦略を

一方ですでに企業にお勤めされている方にも、レンタルオフィスは有効です。
会社がレンタルオフィスと契約していれば、外回りや打ち合わせなどの外出時、わざわざ会社に戻らなくても、資料を作成したり別の担当者と打ち合わせをしたりすることで活用できます。
移動の時間が勿体ない、次の訪問先はここからすぐなのに、といった状況になることありますよね。
レンタルオフィスは都市部など、ビジネスマンが動きやすい場所にあることが多いので、予定を変更せずに外訪活動ができるのです。
また、レンタルオフィスによっては、コンシェルジュが常駐していたりするので、荷物の受け取りなどをお願いすることもできます。
有効に活用しようとすれば、それに応えてくれるのがレンタルオフィスのサービスです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る